研究成果一覧


2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004

2008

日付 タイトル リンク 掲載誌等へのリンク
2008/12/24 細胞の中を3次元観察できる新タイプのX線顕微鏡を開発 Physical Review Letters
2008/11/27 ジベレリン受容体の構造が明らかに〜「第2の緑の革命」の起爆剤〜 名古屋
大学
Nature
2008/11/18 ゲノムに変化をもたらす新たなDNA組換えの抑制機構を解明 Journal of the Biological Chemistry
2008/10/22 高い電子輸送能を持つ液晶性有機半導体を開発 Journal of the American Chemical Society
2008/10/20 世界初!低温で膨らむ酸化銅のナノ磁性粒子 Nature Nanotechnology
2008/09/28 タンパク質分子に変異導入し、結晶の品質が改善 Acta Crystallographica Section D
2008/09/24 内壁が疎水性(さらさら)で、大きさを変えたナノ細孔物質をデザイン Journal of the American Chemical Society
2008/08/28 生命に危機が迫ると機能する、高度好熱菌の新規転写因子を発見 Molecular Microbiology
2008/08/21 植物が光を感じる分子メカニズムの一端を解明   Journal of Molecular Biology
2008/06/24 蛍光タンパク質「ドロンパ」のフォトクロミズムの分子機構を解明へ PNAS
2008/06/20 第2の炭素ナノチューブの構造をSPring-8の放射光で解明 Journal of the American Chemical Society
2008/06/19 太陽電池の構造に生体膜の原理を導入、光電効率の飛躍的向上に期待 Journal of the American Chemical Society
2008/06/12 水に潜む氷の影−水の連続的な状態変化を唱えた常識を覆す Chemical Physics Letters Frontiers Article
2008/05/27 3種類の自動結晶化ロボットを利用して世界トップレベルの効率でタンパク質の立体構造を解析 Acta Crystallographica Section F
2008/05/15 モット先生(1977年ノーベル物理学賞受賞)の謎を解明 Physical Review Letters
2008/04/07 特別なX線回折法により鏡像異性体を世界で初めて識別 Physical Review Letters
2008/03/27 生活習慣病に関連するタンパク質複合体の結晶構造を世界で初めて決定 Journal of Biological Chemistry
2008/03/14 藍藻の「時計たんぱく質」が時を刻む機構を解明   Molecular Cell
2008/03/14 SPring-8で光ディスク材料の超高速構造変化過程を世界で初めてリアルタイム観測   JST Applied Physics Express
2008/03/10 閉じこめられた原子の振動状態を放射光で観察     Journal of Physical Society of Japan
2008/03/10 シード光を入射する新方式で短波長自由電子レーザー光の発生に成功 Nature Physics
2008/02/28 タンパク質の動きや見えなかった水分子などの観測が可能に   名古屋
大学
Acta Crystallographica Section D.
2008/02/27 物質の機能をつかさどる電子の可視化に成功   Physical Review B
2008/01/31 酸化物半導体の謎“伝導電子が伝導しない”機構を解明   Physical Review Letters